占術は大きく区分すると3つ

女性は占いが好きですが、最近は男性にも広がってきています。それは、インターネットで占ってもらえるコンテンツが増えたからでしょう。男が占いの館に行列するのは気が引けるわけです。でも自宅にいながらならば、他人の目を気にすることもありません。実際に、占ってもらう場合にも、その種類は多いです。占術は大きく区分すると3つになります。それは(1)命術・(2)相術・(3)ト術です。

命術

耳にしたことがある占いとしては、四柱推命とか西洋占星術があります。人間が持っている個別の要素であるデータがベースです。例えば、生まれた日にちや時間です。そこから導かれる干支などの先天的ファクターを利用して、将来や運命を鑑定します。命術の歴史はとても古いです。大勢の研究者を輩出しています。特に四柱推命は、命学と呼ばれているほど学問的にも高い評価があります。

相術

ポピュラーな相術としては、風水とか観相学です。手相・人相・家相など、人間の眼に見える事象から今の状況がどうなのかを鑑定します。観相学は耳馴染みがないかもしれませんが、顔の表情から鑑定する占術です。顔の表情は頭脳や心のコンディションを表していると言われます。

ト術

おみくじ・易・タロットカード占いがこのジャンルに属します。偶然にでてきた結果をベースに鑑定します。文字を選んだりカードを引いたりします。

このように何を鑑定してほしいかによって、占いのジャンルの方向性が決まってきます。

こちらもオススメ!

  • A型の年下男性と付き合うときの注意点A型の年下男性と付き合うときの注意点 昔から男性は若い女の子が好きといわれますが、近年は恋愛においては様変わりしている観があります。 特に草食系男子の増加によって、年上の女性と付き合いたいという男性はどんどん増えて […]